HOME > コラム > 遺言書の「花押」有効

遺言書の「花押」有効

高裁那覇支部が判決 / 「印鑑より偽造困難」

遺産相続の遺言書に使われる「印」は多くは実印だが、(認め印でも可能)、その「印」の代わりに、戦国武将らのサインとして知られる「花押」の使用は有効かどうかが争われた訴訟の判決で、福岡高裁那覇支部は、印と認定できると判断した一審・那覇地裁判決を支持し、遺言書を有効と認めた。

経緯は次のとおり。


@琉球王国の名家の子孫に当たる沖縄県の男性が、不動産の相続について花押が記された遺言書を残して死去。
A二男が2012年に遺言書の有効性を求めて、長男と三男を相手取り提訴。
B長男らは無効と主張。
C2014年3月の一審判決で、男性がこれまでも花押を使用してきたと指摘し、「印と認めるのが相当」と判断。高裁那覇支部も支持し、長男らの控訴を棄却。

 

(平成26年 10月25日日経新聞より)

 

専門家によると、この「花押」が印として認められた司法判断は極めて珍しいという。

中国に起源のある花押は、豊臣秀吉ら歴史上の人物が使ったほか、現在でも閣議書を回覧する「持ち回り閣議」で大臣が使用することがあるらしい。しかし、印として認められた大きな理由として「印鑑より偽造が困難」というところは、遺産相続で相続人間の争いが増えてきた現代ならではだ。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから