HOME > コラム > 生前の私 スマホやカードで手軽に残す

生前の私 スマホやカードで手軽に残す

残された家族へのメッセージ

もしものときに備えて、生前のメッセージや写真を預かってくれるサービスが広がっている。働き盛りの世代には遺言作成や遺影の撮影はちょっとハードルが高い。

そこで、スマートフォン・パソコン・手紙・はがき・メッセージカードを使って手軽に残せる点が支持を集めている。

保険代理店の中には、契約者にメッセージ保管サービスを無料提供しているところもある。受取人への言葉を紙に書き残す形で、メッセージは保険金の請求時に届く仕組みだ。

残された人の生きる励みとなり、受取人が保険金を無駄遣いしてしまうのを防ぐ効果も期待できるという。

メッセージ保管サービスは、正式な遺言とは異なるので、注意が必要だ。

(平成29年2月22日 日本経済新聞より抜粋)

 

家族に生前の自分を伝えるサービス。

少し複雑な感じがします。

生きてる間に、十分に伝えたほうがいいのでは。

だまっていろいろ残すよりも、「ここにこんなことが書いてある」「ここにはこれがあるよ」など、元気な時のほうがしっかりとコミュニケーションがとれます。

しかし、このようなサービスが普及してきているということは、家族間のコミュニケーションが希薄になってきている証拠です。

大切な家族に残すのは、公正証書遺言と家族全員に1人ずつ書いた手紙だけで十分です。

それも、50代で病気にもなっていないのに書く必要性は薄いと感じます。

いつか死ぬということを意識し、一日一日を充実したものにするために「もしものときのメッセージ」を残すのであればいいですが、本当に必要なのは70歳を過ぎてからだと思います。

70歳を過ぎたら、全員遺言と直筆の手紙!

こんなセミナーを近々やってみようかなと思いました。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから