HOME > コラム > 空家の実家、貸してお得 家賃保証や改修費不要

空家の実家、貸してお得 家賃保証や改修費不要

空家の実家、貸してお得 家賃保証や改修費不要

老親が高齢者施設に移ったり、亡くなったりして誰も住まなくなった実家をどうするか。歴史と思い出が刻まれた家は簡単に売れないもの。こんな悩みを抱える人は少なくない。放置すれば近所迷惑になり、維持管理費もかさむ。選択肢の一つが手放さずに貸して収益を得る方法だ。

ある会社は50歳以上の中高年の持ち家を終身で借り上げ、子育て世帯に転貸。家賃保証も行い、3年で再契約するかを選べる。賃料は相場より1〜2割安い。

実家の将来を夏休みに考えてみてはどうだろうか。

(平成28年7月20日 日経新聞より抜粋

 

空家問題は、年々深刻になってきています。私が相談を受ける案件でも、10件に2件は空家問題をどうするのかという相談があります。

先日も鹿児島の不動産をどうするかという相談がありました。

借り手を探せる市街化区域でしたら問題ないですが、集落の中だったりすると借手も制限されます。相続した財産が負債にならないように、生前から家をどうするか考えておく必要があります。

最近では、不動産屋さんが借り上げて、「民泊」に利用したりできる物件も出てきました。時代の流れと共に、不動産の活用方法は変わっていきますが、少子高齢化社会で家余りになることは確実です。これまで住んでいた家をどうするか、様々な選択肢を検討する必要があります。

(作成者 米田)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから