HOME > コラム > 「先祖代々の墓」どこへ

「先祖代々の墓」どこへ

「先祖代々の墓」どこへ

少子化や過疎化の影響で、ふるさとの墓を引き継ぐ人がいなくなり、放置された「無縁墓」が増えている。

行き場を失った墓石を引き取る「墓の墓場」ができ、墓石の不法投棄も相次ぐ。

その一方で、ふるさとにある墓を都心部に移す改葬が増えている。

遺骨をまとめて管理する納骨堂や合葬墓など、墓石が不要で費用を抑えられる点が人気を集める。

(2015年1月5日 日経新聞より)


実際、お彼岸の時期に墓参りに行く度、荒れ果てたお墓をよく目にするが、年々増えている気がする。

こうした「無縁墓」の墓石を引き取る業者も出てきている世の中において、人々の「お墓」への価値観というものが、年々変化しているのではないかと思う。

今年から相続税の遺産に係る基礎控除額が引き下げられることもあり、墓石費用を掛けない納骨堂や合葬墓を求める数が多くなってくるものと思われる。

(作成者 山口)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから