HOME > コラム > 贈与税の疑問 その3

贈与税の疑問 その3

教育資金の一括贈与を受けた場合、非課税制度はありますか?

直系尊属(父母、祖父母)から教育資金の一括贈与を受けた場合、昨年4月から導入された「教育資金の一括贈与についての非課税制度」があります。前々回、「贈与税の疑問 その1」でお伝えしたように、「通常必要と認められるもの」つまり、必要な都度、教育費の援助を受ける場合は、もともと非課税です。

今回は、入学金や学費など、一度にもらうお金で、子や孫(30歳未満)一人につき、1500万円までが非課税となるというものです。

この制度利用の注意点としては、30歳時点で使わなかった額に対しては贈与税がかかるということと、期間が平成25年4月〜平成27年末までの贈与に限られるということです。

(平成25年 国税庁文書 及び 平成26年2月18日 日経新聞より)

 

現在、この制度は、相続対策として、利用される場合が多いようです。相続財産を減らす目的で、教育資金を一括贈与しておくと、子や孫一人当たり1500万円までですから、実質的に、財産を大きく減らすことができますので、相続税を大幅に抑えることができるということです。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから