HOME > コラム > カードローン債務相続

カードローン債務相続

返済、分割払いOK

みずほ銀行と三井住友銀行は、カードローン債務を相続した人が、残った額を返済しやすいように分割払いを認める。

従来は、分割返済を交渉しても、その間に未払いの利息や遅延損害金が生じるため、一括払いを求められることがあった。相続人には不利な契約内容だとの指摘もあり、負担が重いという相続人らの訴えに配慮した。

無担保で使い道が自由な銀行のカードローンは、融資額を年収の3分の1までに制限する賃金業者への総量規制の対象外となる。借り手の返済能力を超えた過剰融資も指摘されており、自主的に融資額に上限を設ける動きも広がっている。

(平成30年5月14日 日本経済新聞より抜粋)

 

これまで、カードローンの残債を、相続人が引き継いだときは原則一括払いを請求されました。

数万円であればいいのですが、数十万円、時には数百万円になることもあり、遺族にとって負担が非常に重いものでした。

相続放棄をしようにも、自宅があるとそういうわけにもいかず、全ての相続預金と自分の預金を追加して、無理やり支払われていました。

そんな現状を改善しようと、大手都市銀行が分割払いを認めました。

今後は、他の都銀や地方銀行も追随することが予想されます。

少しでも、遺族の負担が減ればいいですね。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから