HOME > コラム > 死後の伝言 ネットに託す

死後の伝言 ネットに託す

死後の伝言 ネットに託す

自分の死後、パソコンやインターネット上に残したデータはどうなるのか。人生の最期に備える「終活」で、情報技術(IT)関連の備えが見過ごせない課題になっている。

ヤフーが2014年に始めた「Yahoo! エンディング」、利用者が死亡すると遺族から公的証明書で確認したうえで有料サービスを自動停止し、不要なデータを削除。最大200人にお別れのメッセージを送れるほか、ネット上のお墓にあたる「メモリアルスペース」に遺影なども残すことができる。

(2015年8月30日 日経新聞より)

 

国内でのインターネットの利用率が伸びている中、ネット上のデータは本人が亡くなると、周りの人が手を付けにくいのが現状だ。そこで、取り扱いにも生前から注意が必要になってきている。

死後に自分のブログを閉鎖せずに残し続けることで、サイトブログの中では生き続けることができ、何か世の中のお役に立つことができるかもしれない。一方、ネット上に残した人生の軌跡は、扱い次第で周囲に迷惑を掛けることもあるだろう。

そういう意味では、死後に何を残すか事前対策が必要だ。

(作成者 山口)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから