HOME > コラム > 巨大な「空家」、淡路の観音像

巨大な「空家」、淡路の観音像

新法施行でも解体難題

兵庫県淡路島の巨大な観音像が、周辺住民にとっては危険な迷惑施設になっている。所有者不在で管理が放棄され、外壁がはがれて落下するなど、劣化が進んでいる。

2006年に所有者が死亡。相続が放棄され、誰もメンテナンスをしない状態が続いている。淡路市によると、現在は大阪市の法律事務所が相続財産管理人となり、譲渡先などを探しているようだが、売却できる見通しはないという。

2月に国が「空家等対策の推進に関する特別措置法」を施行。自治体の判断で解体・除去をする行政代執行に踏み切れるガイドラインを示したことで、緊急性の高い危険な建築物の自治体による強制的な撤去の動きが広がるとみられている。

淡路市の場合は、新法ができても難題が残る。市が試算した観音像の解体費用は1億円超。仮に行政代執行に踏み切ったとしても、大半は回収できる見込みがない。淡路市長は、「すぐに解体するほどの緊急性はないと考えているが、周辺住民への危険度が増したら、市が負担する覚悟はある」と話している。

(2015年2月 日経新聞より)

 

これまでは、倒壊など周辺に危険を及ぼす可能性がある建築物であっても、個人の所有物の場合は、簡単には自治体が手を出すことができないケースが多かったようだ。

バブル期にかけて全国で巨大な仏像や観音像が建設されており、築年数が長くなるにつれて老朽化が進み、周囲にも危険を及ぼす可能性が高くなってきます。

所有者が定期的にメンテナンスを実施している場合は、問題ありませんが、所有者不在の場合やメンテナンスを実施していない場合は、周辺に危険が及ぶ可能性が高いと言えます。

事故が起こる前に解体する等の自治体の適切な判断が必要です。

(作成者 楯川)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから