HOME > コラム > 原野商法二次被害が続発

原野商法二次被害が続発

原野商法二次被害が続発

価値の低い土地をだまして売りつける「原野商法」の被害者が、土地の売却話などを持ちかけられ、新たにお金を支払わせるトラブルが続発している。原野商法は30〜40年ほど前に被害が相次いだが、再び国民生活センターに相談が増えている背景には当時の購入者の高齢化があるとみられる。

二次被害者の9割が60歳以上で、国民生活センターの担当者は「将来、自分の子供たちが土地を相続して固定資産税などを負担しないよう生前に処分したいと考える人が増えているところに、業者が付け入っている」とみる。
(2014年11月21日 日本経済新聞より)

 

以前原野商法の被害に遭った人は、「土地が高く売れる」などと持ちかけられた場合や、一度断っても執拗に勧誘が続く場合には、原野商法であることを疑うことが大切ですし、家族や友人知人などにすぐに話をし、場合によっては国民生活センターに相談してみることが被害に遭わない防止策だと思います。「おいしい話には裏があり」をお忘れなく。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから