HOME > コラム > 18歳成人、22年4月から

18歳成人、22年4月から

飲酒・喫煙は20歳からを維持

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が13日に成立し、2022年4月1日から施行する。140年以上続いた大人の定義が変わることになる。

18歳以下に引き下げられるのは、@成人年齢A結婚できる年齢(女性は16歳から18歳へ)B10年パスポートの取得C国籍の選択D公認会計士・行政書士・司法書士などの資格取得年齢E民事訴訟の申立て(法定代理人が不要)F性別変更の申立てG携帯電話やローン契約の締結など。

一方、飲酒・喫煙や競馬・競輪などの公営ギャンブルができる年齢は20歳のまま据え置く。健康への影響や依存症への懸念を考慮した。

少年法の適用年齢については、18歳未満に引き下げるか否かは議論継続中だ。

(平成30年6月14日 日本経済新聞より抜粋)

 

大人の定義が、いよいよ変わりますね。

しかし、20歳までダメなことが多すぎます。健康や依存症のことも考えてのことらしいですが、それも含めて判断するのが大人だと思います。

飲酒も喫煙もギャンブルも、18歳からOKにすべきです。やらないと自分で判断できる大人はしませんから。

この中途半端な法制度が、何事にもあいまいな日本を作りだしていると思います。

法律なんですから、はっきりとYES、NOを決めるべきです。

さて、相続についても影響が出てきます。

未成年は実印が押せないため、遺産分割の際に家庭裁判所で特別代理人を選んでもらわなければなりません。

未成年の定義年齢が18歳未満となると、今後18歳19歳の相続人も遺産分割協議に参加できるので、手続きが終わるのが早くなります。

まだ時間がありますが、一日も早く施行して欲しいものです。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから