HOME > コラム > ネット通帳閲覧 過去10年分可能

ネット通帳閲覧 過去10年分可能

三菱UFJ銀行 19年度にも刷新

相続の相談でお伺いすると、通帳が何十冊も出てくることがあります。

複数の銀行で取引をしていれば、過去の通帳も増えていく一方です。

通帳の捨て時というのが、分からないのが原因です。

最近、請求書の発行を控えるといったペーパレスの時代になってきています。

通帳も、ネットで確認できれば確かに不要かもしれません。

家族が勝手に引き出したかもしれない!とか、相続税の申告が必要になった場合は、5年から10年の取引履歴を取得することがあります。

これまで、1通何百円もする履歴を取り寄せると、数万円かかることもありました。

最大手の銀行が始めたということで、おそらく他の都銀も追随すると思います。

ネットの環境が整っていないご家族は別として、ほとんどのご家庭で通帳が無くカードしかないところが増えそうです。

相続の手続きをする時には、銀行の漏れが無いように確認には要注意です。

(米田貴虎)

 

三菱東京UFJ銀行は2019年度にも、コンピューターやスマートフォン上で、過去約10年分の取引履歴や残額を確認できるネット通帳を刷新する。

現在、取引履歴の確認は2年1ヶ月分だが10年になることで、口座契約者が亡くなって相続が発生した時に、窓口で手数料を払って取引表を出してもらっていたのが、無料でさかのぼれるようになる。

また、本人の同意を得れば家族も閲覧できるようになることで、共働き夫婦が家計管理をしやすくなる。

同行はネット通帳の利便性を高め、新規の口座開設時には原則ネット通帳を勧めていく考えだ。

(平成29年9月5日 日本経済新聞より抜粋)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから