HOME > 会社概要 > 原体験

原体験

代表

実は私も、祖母を亡くしました。

 

お葬式の日のことを、昨日のように思い出します。

その日は、何年かに一度の大雪の日でした。

 

90歳の誕生日に、この世を去った祖母。

 

小さい時から、わたしはおばあちゃん子で、厳しい両親だったせいか、唯一家族の中で無条件に私の味方になってくれていました。

 

そんな祖母の葬儀の後、父からの指示で相続の手続きを行うことになりました。市役所に戸籍を取りにいってもなかなか揃わず、計5回も行きました。

 

年金の手続きをするために、社会保険事務所に行った際は、混雑していたせいもあり約2時間待たされた挙句、必要書類が揃っていないとの事で、3回も行くはめになりました。

 

銀行で預金の解約をしようと思っても、貯金をする時は簡単にできたにもかかわらず、解約するのは至難の業でした。

 

結局、よくわからない説明をする窓口の女性と1時間ほどやり取りをして、その後、ようやく出てこられた課長さんと押し問答。

 

書類が揃っていないことや、印鑑が足りないなどあれこれ言われ、窓口でもう少しで口論になりそうになりながら、ようやく貯金を下ろせたのは、銀行に4回通ってからでした。手続きを始めて既に3カ月が経っていました。

 

しかし、これだけではありませんでした。

私の乗っていた自動車の名義が祖母名義であったため、陸運局で名義変更の手続き。

これも3回通いました。

 

自宅の名義変更は法務局に行って聞いてみたものの、さすがに自分では無理だと思い、近くの司法書士会に電話をして、司法書士さんを紹介してもらい、全く知らない人に手続きをお願いしました。費用も終わるまで幾らかかるか分からず不安でしたが、仕方がありませんでした。

 

さらに公共料金の引き落とし口座の変更、クレジットカードの解約、百貨店の会員証の解約、医療保険の請求、火災保険の名義変更など、全ての手続きは28種類ありました。

暗中模索で手続きを進めましたが、本当にこれでいいのか?これで全て終わったのか?漏れはないのか?と、いつも不安でいっぱいでした。

 

父からは、「世話をかけてすまんの。で、いつ終わるんだ?」と、感謝の言葉か催促の言葉か分からない言葉を掛けられながら、月日だけが過 

ようやく全ての手続きが終わったのは、葬儀の日から7カ月が過ぎていました。仕事で昼間は全く動くことが出来ない父に代わり、比較的時間が自由になる孫の私が手続きを行いましたが、この時切に思ったのは、誰か相談できる人はいないのか?ということでした。

 

親戚の叔父や叔母に聞いてみても、自分の時はこうだったということしか教えてもらえず、少しだけ気分が紛れただけでした。

 

相続のプロに相談することができて、指針やアドバイスだけしてもらっても、ずいぶん違ったと思います。できれば、全部お願いしたかったと感じたのは、全ての手続きが終わってからでした。引越しの6倍ぐらい大変だなと思ったのが、偽らざる実感でした。

 

そんな経験をし、後に友人のお父様の相続を手伝いしたことが、相続手続支援センターを設立するきっかけとなりました。今では3,400件の相談を行い、あの時とは比べ物にならないほど知識と経験を備えた私に、一度ご相談ください。

 

私のように苦労する人が、ひとりでも少なくなるよう、精一杯アドバイスさせていただきます。

   

相続手続支援センター 西日本本部

 代表 米田貴虎  

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから