HOME > コラム > 息子の土地が面積不足と判明

息子の土地が面積不足と判明

息子の土地が面積不足と判明

数年前、マイホームを建てるための土地を購入したAさんの息子Bさん。ところが、最近、専門家に改めて土地面積を測ってもらったところ、売買契約書に書かれていた面積より若干少ないことがわかった。この場合、不動産業者にどのような対応を求めればよいのか。

土地の売買契約は、測量図面を見ながら買主が現場に立ち会い、隣の土地との境界を確かめた上で、契約する「実測売買」と、測量せずに不動産登記簿上の面積(登記面積)、地番などをもとに契約する「登記簿売買」があります。登記簿売買の場合、「登記面積が測量結果と異なりうることを買主が承知している旨を契約に書くのが一般的」です。

今回の場合は、契約が「実測売買」としましょう。そうすると、買主は売主に対して代金を減額するよう求めることができます。民法によれば、場合によっては、契約解除や損害賠償の請求をしたりできます。逆に登記簿売買の場合は、同様の対応を求めることは難しいので、登記簿売買による契約には十分注意が必要です。

(2015年8月26日 日経新聞より)

 

登記簿売買は、区画整理された土地の売買では正確な面積が登記されているので、比較的多く用いられるものの、土地のような多額の買い物をする場合には、やはり、一度は足を運んでみることが必要です。実測売買すると、測量結果に間違いがない限り、後々のトラブルは起こらないのですから。

(作成者 田中)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから