HOME > コラム > 相続・贈与・・・親孝行にも税金

相続・贈与・・・親孝行にも税金

相続・贈与・・・親孝行にも税金

親の家をバリアフリー改修してあげるために、子供が約800万円出しました。贈与税の基礎控除額の年間110万円を超えているので、800万円には贈与税がかかりますが親子はそれを知らず、申告していませんでした。

しばらくして、親が亡くなり、相続税の申告の時になり、過去の贈与税を子供が支払わなければならないと指摘されたのです。贈与税を負担するのは贈与を受けた側なので、贈与税が未納のまま親が亡くなり、納税義務を子供が相続したということになります。改修によって建物の価値も上がった場合は相続税も増え、子供の負担は二重になります。

皮肉なことに「親孝行な子供ほど損をする」ことになってしまうのです。

(2014年11月19日 日本経済新聞より)

 

このようなケースでは、例えば家の改修費用は親が負担し、子供は年間110万円の贈与税の基礎控除内でお金を渡したり、贈与税の対象外となる生活費の援助という形で仕送りをしたりする方法が考えられます。

また、親子間で借用書を作り、リフォーム費用を親に貸し付けたことにするのも方法でしょう。

この場合は、子供の銀行口座からいったん親の銀行口座にお金を移し、親の口座からリフォーム会社へ支払いをしないと貸し付けと見なされない可能性がありますので注意が必要です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから