HOME > コラム > 増え続ける日本の空き家

増え続ける日本の空き家

増え続ける日本の空き家

2013年の日本の空き家数は総務省によると820万戸、空き家率は13.5%と過去最高を記録した。空き家が増えると、資産が有効活用されないだけではなく、倒壊や放火、不法投棄などの危険もあり、地域にとってマイナスだ。

しかし、空き家が増加する現在でも、年間80〜100万戸の住宅が新築されており、日本の住宅市場は、空き家が増加する一方、新築住宅が造られ続ける特異な状況に陥っている。
(平成26年10月12日 日経新聞より)


人口減少下において全ての遊休不動産をリノベーションして活用することは困難だが、いかに活用していくかが今後の空き家の増減に大きな影響を及ぼすであろう。

また、地域単位で取り組み、衰退エリアを活性化させる仕組み作りも重要である。介護施設や近年若年層で人気であるリビングやキッチン、バス、トイレなどを共有するシェアハウスなどへの転用も有効対策の一つではなかろうか。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから