HOME > コラム > 土地放棄 仕組み検討

土地放棄 仕組み検討

所有者不明対策 相続に登記義務

政府は1日、所有者が分からない土地の解消対策を話し合う関係閣僚会議を開き、基本方針を決めた。

管理できない土地の所有権を所有者が放棄できる制度の創設を検討する。

相続登記の義務化など、権利関係を正確に登記に反映する仕組みも作る。

2020年までに不動産登記法や民法など関連法を改正する。

土地を利用したい企業や自治体が正しい情報を基に、権利者にアクセスできるようにする。

(平成30年6月1日 日本経済新聞より抜粋)

 

100年前から登記がされていない土地も、たくさんあります。

2020年のオリンピックが終わったら、世の中が一変するような法律改正がたくさんおこなわれる予定です。

土地の価格も2020年までは上がるが、その後はバブルがはじけたように下落すると予想する識者も数多くいます。

少子化の影響で、ただでさえ土地の必要性が少なくなっていく今後の日本で、企業や自治体が有効に活用できる土地に関する法律が、一日でも早く成立することを望みます。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから