【相続事例集】被相続人の名前の変更が確認できない

沖縄県出身の佐藤さん(仮名)から、母 花子さん(仮名)が亡くなったので母が沖縄に所有している不動産の相続手続きをしたいとのご依頼がありました。

しかし、所有している物件の登記簿謄本にて不動産の確認をすると、所有者が「花」と記載されていました。

佐藤さんからは、「確かに母が所有している不動産で間違いないはず」とのことでしたが、不動産の所有者は登記簿記載の住所・名前の一致で同一人物であると確認されますので、「花子」さんと「花」さんとは別人と認識されてしまいます。

この場合、名前の変更をしたことを戸籍で証明すれば問題なく手続きができます。即ち名前の変更をした場合、通常「花」から「花子」になった旨が戸籍に記載されます。

しかし、花子さんのご出身地は戦時中、激戦地になったところであり戦前の戸籍が消失してしまっていました。従って、取得出来る現存の戸籍には既に「花子」の名前で記載がされておりました。

そこで名前の変更が確認できる術がないかと役所に相談をすると、「証明願を作成して送ってもらえれば役所にて調査をし、証明書として発行する」とのことでした。

早速、証明願を作成し送付をすると、調査後、証明願に証明印が押されたものを返送してもらえました。不動産の名義変更を申請する法務局でも、上記証明書を添付すれば手続きをしてもらえるとのことでした。

このように相続手続きでは、一般的に発行してもらえる証明書とは別に、請求者側にて作成しなければならない書類もあります。

その場合、適正に手続きが出来るように書類の文言を考えなければなりません。もしそのような書類が必要となった場合は、専門家にご相談することをお勧めします。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

最後に

代表の米田貴虎(よねだたかとら)です。

ほぼ同じような名前の「相続○○○○○」という数多く存在するWEBの中から、このページにたどり着いてくださりありがとうございます。

このホームページを作ってから、20年間で同じようなページがどんどん増えてきました。

ここまで読んでもらって、申し上げにくいことですが、お伝えします。
ネットの情報を参考にするのは役に立ちますが、本当の解決にはつながりません。

上手に無料相談を利用してみてください。それが一番早い解決に繋がります。
それでは、ご連絡をお待ちしております。

 

 

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。