【相続事例集】幻の遺言書

あるお母さんが亡くなり、相続人はお父さんと長男、長女の3人。

あまり交流のないご家族の為に、お母さんはしっかり公正証書遺言を作成しておられました。

内容は、建物(お父さんと共有)の持ち分は長女に、預貯金は、3分の1を長女に、残り3分の2を長男に、その他の財産はすべて長女に、ということでした。

一見、問題のない内容に見えるのですが、この、その他の財産を長女に、というところに問題点が…。

よくお話を聞いてみると、お母さんは自動車を2台所有しており、使用者はお父さん。また、お孫さん(長男の子供)を被保険者に農協の共済を契約し、受取人もお母さんご自身にしていました。

この遺言に従うと、自動車、共済の権利は長女が引き継ぐことになるので、長女所有の自動車をお父さんが使用する、長男の子供が被保険者の共済に、長女が契約者、受取人になるということに。

実際には、自動車はお父さんの名前に、共済の権利は長男にしたいということでしたので、相続人全員で話し合った結果、遺言を使用せずに遺産分割協議をすることとなりました。
せっかく書いた遺言書が、幻に終わってしまいました。

本来、遺言書は、遺産分割をしなくてもいいように作成するのが大切ですが、作成の仕方に不備があると、かえってトラブルになったり手続きが煩雑になったりしてしまいます。

遺言書は、作成すればよいのではなく、亡くなった後に実現できるかどうかが大切です。

遺言書を作成する際は、全体像を把握し、慎重に作成することが重要です。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

 

 

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。