【相続事例集】父の遺産で親孝行

大井さん(男性:25歳)が来社されたのは、まだ寒さも残る3月初旬のことでした。

お父さまが亡くなり、「手続といっても何をどう始めればよいのかわからないのですが・・・」ということでお話を伺うと、幼少期にご両親は離婚しており、それ以降は妹Yと母親と3人暮らし。「父親とは連絡を取り合うことも無く過ごしてきたので、父親がどんな生活をしていたのかも知らない。

もしかすると再婚しているかもしれないし、お金にだらしない父だったので借金があるのではないかと心配です。」とのことでした。

まず、相続人の確定が必要なため、戸籍の収集をしました。ある程度は大井さんのほうでも取得しておられましたので、お父様の出生~死亡まで連続した戸籍が繋がるよう当センターで読取をし、不足している部分の戸籍関係を取得しました。

結果、お父様は再婚されておらず、相続人は大井さんと妹Yさんの2名だということがわかりました。その後に心配していた借金の調査をしました。ある程度の借入はわかるのでJICC(日本信用情報機構)へ申請をし、お父様の借入状況を調べました。

幸い、大井さんの方で把握していた(お父様のマンションに届いていた郵便物より把握していた情報より)銀行のカード借入のみでした。マンションを調べると住宅ローンもなかったので、大井さんと妹Yさんにはプラスの財産のみが残りました。

結局亡くなったお父様が残してくださったのはマンションと預貯金、死亡退職金と生命保険金でした。

無事に全てのお手続が終わると、大井さんは『女手ひとつで二人を育ててくれた母には感謝している。父がだらしなかったのでとても苦労しました。

でも、父の残してくれた遺産で、これから妹と二人で母に親孝行をしたいです。』とおっしゃっていました。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。