【相続事例集】相続放棄したのに?

中村さん(仮名)の奥様とお子様は訳あって長い間中村さんと別居されていました。このような中で中村さんがお亡くなりになられ、離婚をされていなかったために奥様とお子様が相続人になられました。

奥様とお子様は中村家とはこれ以上関わりたくないというご意思で、相続に当たってかなりの資産があるにも関わらず、相続放棄を選択され、遺産は中村さんの御兄弟が相続されることになりました。

しかしながら、しばらくして相続された御兄弟のうちのお一人が未婚でお子様がおられないまま、お亡くなりになられました。そうすると代襲相続で中村さんのお子様がふたたび相続人となってしまいました。

彼は父の相続放棄をしたことにより、中村家との関係を完全に断ち切れたとものと思っていたにもかかわらず、まだ相続に関わらないといけなくなったことで、それなら最初から相続放棄しなければよかったと悔やんでおられました。相続放棄してもすべてが断ち切れるわけではないのですね。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。