【相続事例集】遺言で発覚!もう一人の相続人

相談に来たAさんは母親が亡くなって公正証書遺言を持参されました。

亡くなった母親の所有している土地の共有持分の2分の1をAさんに相続させるとなっていました。手続のため土地の登記簿を確認したところ、大きな問題があることに気付きました。

数年前に亡くなった父親の相続の際、父親名義の土地を母親と相談者Aさんとで共有することになりましたが、その際事情があって、半分ずつでなく若干母親の持分が多い状態になっていました。

この場合、遺言書作成の際に、登記簿謄本などで、持分の確認をしていなかったため、母親の持分をすべて相続できないことになり、おまけに母親の前の夫との間にできた子供Bさんの存在も初めて知り、Bさんとの遺産協議が必要となってしまいました。

せっかくの揉めないための遺言書が、トラブルを起こす事例は意外と多いものです。遺言作成の際には専門家のアドバイスのもと、客観的な書類などを確認した上で作成したいものです。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。