HOME > コラム > 高齢者の見守りサービス

高齢者の見守りサービス

居場所、GPSで確認 / カメラなどで異変検知

今、高齢の一人身の方を見守るサービスがたくさん登場している。

まず、緊急時に簡単に警備会社へ通報できるセコムのサービス「マイドクターサービス」。小型の専用端末を携帯することで、通報もできるし、GPSで居場所を確認し、スタッフが駆けつけることもできる。

スタッフ駆けつけ、訪問型として、日本郵便は「郵便局のみまもりサービス」を13年から開始。まだ、一部地域に限られるが、郵便局員が月1回以上自宅に赴き「話し相手」となり、様子も見てもらい、報告書という結果までついてくる。NTTドコモの「家のあんしんパートナー」は、離れて暮らす親と連絡が取れず心配なときに、スタッフが訪問してくれ、インターホンや部屋の明かりで在宅かどうかを判断して報告してくれたり、アプリ内臓の端末カメラで室内の動きを検知し、カメラが一定以上、動きを検知しない場合にメールで知らせてくれる。自宅での様子の見守りとして、家電やガスも活躍。東京ガスの「みまも〜る」はガスの利用量を集めて、毎日2回まで家族にメールで知らせてくれるし、象印マホービンはどこよりも早くから「みまもりほっとライン」でポットに見守り役をさせ、同じく、データを毎日2回、メールで家族に届けている。これらのサービスは月額500円に満たないものから、3000円超のものまで、比較的、低価格で気軽に利用できるようになっている。

(2015年12月12日 日経新聞より)

 

確かに核家族化された社会にあって、親と離れて暮らしている子世代は多いだけに、ニーズを受け、こういった高齢者を見守るサービスが種類も数も増えてきた。それはすなわち、一人暮らしの高齢者が多く、急を要する病気で倒れた場合の孤独死も増えるということだ。見守りサービスは見守りたい子世代にとっては、頼もしいサービス。見守られる親にとっては、「自分一人でも安心して外出できるようになった」とか、「なんとなく安心」と好意的に思われるか、はたまた、「ずっと監視されているようで、なんだか落ち着かない」となるのか…。

一番大切なのは「基本は家族が面倒をみることだけれども、プラスアルファでどのサービスにしようか?」と双方でよく話し合い、それぞれの家族の形にあった、最適なサービスを選ぶことだ。

(作成者 田中)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから