HOME > コラム > 介護 突然くる日に備え

介護 突然くる日に備え

介護 突然くる日に備え

高齢の親の認知症や関節疾患などは、徐々に進行するので、介護する側も準備がしやすい。しかし、厚生労働省の国民生活基礎調査(2013年)によると、介護が始まるきっかけは、@脳卒中 19%  A認知症 16% B衰弱 13%  C骨折・転倒 12% とさまざまであり、予兆がなく、突然始まるものもある。

子世代は、介護と仕事を両立させるには、親な元気なうちから「もしもの備え」として、まず、勤務先で、介護が始まった場合の社内の制度について知ることだ。と、同時に、親がどんな介護を望むかを聞き、兄妹や親せきと介護の役割を相談することが大切である。

(2015年5月21日 日経新聞より)

 

生命保険文化センターによると、介護の期間は平均4年9ヶ月とされるが、10年以上に及ぶことも珍しくない。そのような状況で、介護を理由に会社を辞める人は年間10万人はいるとされる。

もしもの備えとして、まず、公的な介護保険の手続の流れを知るために、親が住む自治体の地域包括支援センターを訪ねてみましょう。最近では、介護相談は自治体の公的な窓口のほかに、民間が設けるものも増えているので、それらを調べてみてもよいですし、親の望む介護を聞き出すために、エンディングノートを親御さんにプレゼントしてみるのもよいでしょう。

(作成者 田中)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから