HOME > コラム > 資産の終活 まず一覧表

資産の終活 まず一覧表

口座を集約、家族に伝達

財産目録の作成は、終活ではなくても、本当は全ての世代で一年に一度はしておくべき事です。

どんな財産があって、どんな収支で生活しているのか。将来見込まれる大きな支出は何かなど、なかなか考えにくいことですが、必要なことです。

それに加えて、書類の整理も大切です。

相続の手続きをしているとわかりますが、重要書類をきちんとまとめておられる家は、100件に3件くらいです。

あとは、何が大切な書類なのか分からず、何十年も前の固定資産税の請求書が保管されていたり、段ボール二箱分の黄色く変色した書類があったお家もありました。

また、パソコンに代表されるデジタル遺品は、様々な方法がありますが、基本的には紙にパスワードやIDなどを書いておくことが必要だと感じます。

盗まれる可能性もありますが、紙であれば身近な人に限定されます。

ネット上に保管していれば、どこの誰か分からない人に盗まれてしまう可能性があるので、どちらに盗まれるのがいいか考えてみてください。

さらに、相続の時には情報が何もなければ家族はパソコンも開けずにお手上げ状態になってしまいます。

パスワードは盗まれるものであるということを前提に、保管方法や処理方法を考えてみるのも、大事な終活のひとつです。

(米田貴虎)

 

終末期や死後の手続き・行事について自分で考えて準備する「終活」では、財産の引き継ぎも重要だ。

お金の終活で大事なポイントは、

 @財産を洗い出してリストを作成

 A不要な口座やカード類は整理

 B資産リストは定期的に更新

 C家族など信頼できる人に伝える

 D通帳や重要書類をそろえておくこと。

ネットで管理する資産は、

 @金融資産のうちネット取引分は家族に分かるように伝える

 Aネット取引口座ごとにIDやパスワードを書き出す

 B時価変動が激しい商品もあるのでチェック日を記載する

 C契約中の有料コンテンツは支払い口座の情報も記しておく

などの注意が必要だ。

金融資産をひととおり整理したら、どの財産を誰に渡すかを考え始めることにも早めに着手したいものだ。

(平成29年9月30日 日本経済新聞より抜粋)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから