【相続事例集】諦めていた相続税の特例

御主人を亡くされたAさんは、長年連れ添ってきた伴侶を亡くし、しばらくは何もやる気が起きず、財産の名義変更なども未整理の状態でした。

亡くなってから1年近く経ってからようやくセンターに手続きの相談においでになったのですが、財産の内容を聞くと御主人は相当の資産を残されたようで、相続税の申告も必要となる旨を説明しました。

しかし、そこで気になったのが、今まで遺産分割を放置していたことが、申告期限を過ぎた相続税の申告にどのような影響を与えるかということでした。

例えば、「配偶者の税額の軽減」などは、申告期限までに遺産分割により取得した財産などが対象となり、Aさんのような期限後申告となる場合は適用できないのでは、という不安がよぎりました。

そこで、懇意の税理士さんに相談したところ、「配偶者の税額の軽減」は、相続税の申告期限後3年以内に遺産分割により取得した財産も対象となり得る(3年を経過しそうな場合は税務署の承認が必要)とのことでした。

早速、Aさんに遺産分割をすすめ、Aさんは税理士に依頼して「配偶者の税額の軽減」を適用して期限後申告を自主的に提出されたとのことです。

ちなみに、「小規模宅地等の課税価格の計算の特例」にも、同様の要件がありますが、税務署長が、申告書の提出がなかったことについてやむを得ない事情があると認めるときは、特例の適用が認められるようです。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

最後に

代表の米田貴虎(よねだたかとら)です。

ほぼ同じような名前の「相続○○○○○」という数多く存在するWEBの中から、このページにたどり着いてくださりありがとうございます。

このホームページを作ってから、20年間で同じようなページがどんどん増えてきました。

ここまで読んでもらって、申し上げにくいことですが、お伝えします。
ネットの情報を参考にするのは役に立ちますが、本当の解決にはつながりません。

上手に無料相談を利用してみてください。それが一番早い解決に繋がります。
それでは、ご連絡をお待ちしております。

 

 

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。