【相続事例集】身分証明のない相続人

被相続人の死亡後、何年も連絡のとれない相続人がいましたが、なんとか居場所をたどることができ、分割協議をすることができました。

その分割協議書に押印いただくために、印鑑証明書の有無を確認したところ、印鑑登録はなく、住民票も現在住んでいるところにはないとのことでした。

実は、相続人には前科があり、身元保証がなかなか得られないため、仕事は建設業の現場を転々としていたのでした。

現在の職場は5年以上もいて、信頼も責任もあるのですが、会社自体が従業員の住民票がどこにあるのか無頓着だったため、このような状態になっていると相続人は言っていました。

相続人は今住んでいるところに住民票を移したら、これを機会に国民健康保険や国民年金にも加入したい、銀行の預金通帳も作りたいとのことで、いろいろと希望を膨らませていました。

現在は、何でもかんでも本人確認が必要な時勢です。

そういった中で、印鑑証明書をつくること自体が難しい場合もあるということを認識した一件でした。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

最後に

代表の米田貴虎(よねだたかとら)です。

ほぼ同じような名前の「相続○○○○○」という数多く存在するWEBの中から、このページにたどり着いてくださりありがとうございます。

このホームページを作ってから、20年間で同じようなページがどんどん増えてきました。

ここまで読んでもらって、申し上げにくいことですが、お伝えします。
ネットの情報を参考にするのは役に立ちますが、本当の解決にはつながりません。

上手に無料相談を利用してみてください。それが一番早い解決に繋がります。
それでは、ご連絡をお待ちしております。

 

 

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。