【相続事例集】知らなかったEdyの残金

奥様を亡くされたYさんが相続手続きを依頼されました。その中で、ゆうちょ銀行の解約手続きがあったのですが、通常の通りに郵便局に確認表を提出し、相続書類が送られてきました。そこにはYさんも知らないEdyの記載があったのです。

亡き奥様のゆうちょ銀行のカードはEdyの機能がついたカードでした。Edyの機能がついていたことを全く知らなかったYさんは首をかしげていました。送られてきたゆうちょ銀行からの書類には、「Edy残高がある場合は、残高を使い切ってからお手続きください」と書いてありました。

実はこのEdyのカードは、プリペイド式で事前に入金(チャージ)をしてお店などで使用するタイプのものでした。郵便局によると、入金している残高は、相続手続きが完了してしまうと引き出すことが出来なくなるとの事でした。その旨をYさんに伝え、Edyを使えるお店で残金を使ってもらいました。残金は3,000円ほどあったそうで、「事前に伝えてもらって、本当に良かった」とおっしゃっていました。

最近は電子マネーが増えてきています。知らずに相続手続きをしてしまい、本来使える電子マネーを引き出せずに不利益を被ることがないよう、確認する必要があると感じました。また、電子マネーの手続き方法や相続税法上の取り扱いなども注意しなければなりません。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

 

 

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。