【相続事例集】ゴルフ場に賃貸している山林の評価

被相続人Aさんは、土地を約170筆お持ちで、その内132筆の山林(登記簿上)をゴルフ場に賃貸していました。相続人は長女と長女の夫(養子)の2名です。

当然賃貸している山林のほとんどが、ゴルフ場に整備されている状態です。固定資産税評価額だけでも1億5千万ぐらいになります。固定資産評価額も登記簿上は山林ですが、現状は利益を生み出すゴルフ場なので、それなりの評価をされています。

これが、単なる山林であれば、このような評価額にはならないはずです。そこで、ゴルフ場に貸し付けている不動産を、雑種地の評価として算出しました。

理由として、被相続人Aさんは、ゴルフ場に対して、造成されたゴルフ場を賃貸しているのではなく、単に山林を貸しているにすぎません。かかる事情を税務署の担当者と協議し、了解を得ました。

よって、近隣の山林の固定資産評価額を参考にして、相続税評価額を算出しました。そうしたところ、基礎控除額を下回り、納税はありませんでした。

当初、相続人様は、かなりの納税を覚悟されていたようなので、大変喜んでおられました。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。