【相続事例集】相続人は私だけのはずが・・・

田中佳代子さん(仮名)が相談に来られました。

父が亡くなり、家の立替を検討している為、土地の名義変更をしたいとのことでした。事前調査を行うと、土地の名義は佳代子さんのお父様の隆さん(仮名)ではなく、お祖父様の一郎さん(仮名)のままでした。

相続人について、佳代子さんは「父の隆は一人っ子でした。私も一人っ子ですので、祖父の名義でも、相続人は私だけです。」と言っていました。

ところが、戸籍を確認すると驚くべき事実が発生しました。お父様の隆さんは、一郎さんとA子さんとの婚姻外の子供だったのです。一郎さんは、隆さんを認知しました。

その後、隆さんを連れ、花子さん(仮名)と結婚をしました。一郎さんが亡くなった後、花子さんも亡くなりました。

相続人は隆さんの子である佳代子さんの他、花子さんと隆さんは養子縁組をしていないため、花子さんの相続人に花子さんの兄弟姉妹が加わり、26人となりました。

思わぬ人が相続人となる場合もありますので、誰が相続人になるかを十分に確認し注意することが必要です。結婚の際に自分の戸籍を確認することと、後妻さんとの間に養子縁組をすることは重要です。

事実を知っていれば、遺言書の作成など、事前の準備をすることもできたはずです。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。