【相続事例集】貸金庫の中の遺言書

Aさんの母Bさんが急死されました。生前、Bさんから「遺言を書いておいたから」と聞いておられました。ただ、Bさんはずっと一人暮らしで、Aさんを含めた息子2人はあまり行き来がなかったようで、遺言書がどこにあるのかもわかりませんでした。

でも、銀行の貸し金庫を借りておられたようです。また、遺言書が見つかったとしても、その開封の手続きがわかりませんと言って、相談に見えられました。

遺言書は、通帳などの重要書類といっしょに一箇所に保管されている事が多いようです。銀行の貸し金庫の場合は、生前に契約者本人以外で貸し金庫を開けることができる手続きをしておくことが欠かせません。

次に通帳の確認です。故人の引落口座を確認していただいて、引落がされているものを調べ、解約などの手続きをしなくてはいけません。葬儀が済んでから、しばらくは様々なところから請求書やご案内が届くと思いますので、その中に記載されているものから、契約内容などが分かるはずですので、確認されることも大切です。

遺言書がある場合は、公正証書か自筆証書かによって、手続きの仕方が変わってきます。公正証書なら、そのまま手続きが出来ますが、自筆証書の場合は家庭裁判所で検認という手続きをして、法的な効力を確定する必要があります。

 

相続手続支援センター兵庫についてもっと知りたい方へ

相続手続支援センターのサポート内容
費用について(他との料金比較はこちらからご確認できます)
利用者の声

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」
こう思われる方も、お気軽にお問合せください。
相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。
しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。
私達は、それでも構わないと考えています。
「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。
お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。