HOME > コラム > 民事信託で生活費を確保

民事信託で生活費を確保

民事信託で生活費を確保

子どもが障害を持つ場合、親は自分が亡くなった後、だれが子どもの面倒をみてくれるのだろうかと心配になります。民事信託推進センターによると、「信託制度の一つである民事信託を利用する方法がある」と言います。これは、財産を所有する人(委託者)が特定の誰か(受託者)に財産を引き渡し、その信託財産から生じる収益を、別の誰か(受益者)に渡していく仕組みです。弁護士や司法書士などに頼めば、契約書を作ってもらえます。

例えば、Aさんが委託者で、弟に受託者になってもらい、預貯金や賃貸アパートなどを信託財産として引き渡します。利子や賃料収入を子どもが受け取る契約にしておけば将来、生活費に充てられます。子どもが受益者です。

(2015年4月15日 日経新聞より)

 

民事信託を利用して子どもに生活費が入るようにしたとしても、子どもに判断能力がなければ一人で生活を送るのは難しいという問題がある。そこで、こういった場合には、成年後見制度と組み合わせて民事信託を利用することも一つです。

成年後見制度では、家庭裁判所が認めた後見人が本人に代わって財産管理や介護サービスなどの契約を実行するなどし、本人の生活をバックアップするものです。

(作成者 山口)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから