HOME > コラム > 遺言で震災孤児に5700万円

遺言で震災孤児に5700万円

大阪の土地など 匿名で寄付

東日本大震災で大きな被害に遭った岩手、宮城、福島の3県に「震災で親を亡くした孤児の支援のために使ってほしい」との遺言とともに、匿名希望で約1700万円の価値の大阪市内にある土地と、預貯金約4000万円の総額約5700万円相当の寄付があった。

土地の寄付は初めてで、今後、一般競争入札を行い、土地の売却代金と預貯金を3県で均等に分け、孤児や遺児のための基金に充当する予定。

(平成29年5月26日 日本経済新聞より抜粋)

 

東日本大震災の後、私たちのセンターでも、震災遺児の方々に寄附を行いました。

使い道を限定した寄付は、定着しつつあります。

私の依頼者で、一人暮らしの高齢の男性がいらっしゃいますが、その方はいまだに一人の女の子に毎月寄附を続けておられます。

震災でお父さんを亡くした娘さんに、学習道具・ランドセル・運動会用の靴やお金などを送られています。当時小学生だった女の子も中学生になられたようです。

遺言で寄附を募るところも増えてきました。

日本財団などは、WEBで「死後の寄付の仕方」を詳しく書いて宣伝しています。

税金の使途をこちらで決めるという「ふるさと納税」と同じ感覚で、相続税の使い道を遺言で決めておくという流れも、定着するかもしれませんね。

何に使われるか分からない税金に、自分なりの色を付けるということは、少しだけ社会貢献をした感覚が残る気がします。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから