HOME > 会社概要 > 宣言文

宣言文

代表

 

「やっと安心できました」
この言葉で依頼者と共にゴールし、新たなスタートを踏み出せるから、相続手続支援センターなのだと思う。

 

2001年、友人のお父さんが亡くなり、少し知識のあった私は相続の手続を手伝うことになった。いったん相続が発生すると、そこには、あらゆる手続が必要になり、必要書類もそれぞれで違ってくる。生命保険、年金、不動産、預金、株券、クレジットカード、等々、その一つ一つの手続の有無をチェックし、必要書類を準備し、相続手続のお手伝いを開始した。

 

多岐にわたる手続を全て終え、報告に伺ったとき、友人のお母さんから、「本当にありがとう。相続というのは初めての経験だし、わたし一人では、何をどうしていいか、全く分からなかった。頼れる人が近くにいて、本当に助かりました。これでやっと安心できました」と、安堵した素敵な笑顔に少し涙が光っていた。

 

ほとんどの人が初めて経験する「相続」。そして「ありがとう」と感謝をされる仕事。

 

この二つが私の心にドーンと響き、「よし、この相続手続のサポートという仕事をして、たくさんの困っている人のお手伝いをして、素敵な笑顔をたくさん見届けよう」。それが、相続手続支援センターの始まりだった。

 

当時はまだ「死」という言葉がタブー視されている時代で、その周辺の「相続」「葬儀」「遺言」を話題に出したり、会話に挟んだりすることもはばかられた為、なかなか「相続でまさに困っている今すぐの人」を見出すことは難しかった。

 

それでも、インターネットの普及により、ホームページ上で掲載した相続手続支援センターの社会的使命(ミッション)に共感する仲間が全国から次々と集まり、支部を形成、これが現在の巨大全国ネットワークのはしりとなる。

 

そんな中、少しずつ少しずつ、世の中は、「相続」周辺を受け入れるようになる。

 

これまでにない大規模な天災や人災が起こり、人々の心に「万一の場合の備え」の必要性を強く植えつけたからだ。「遺言」セミナーへの関心も高まり、法的な効力のある「遺言」を作成する人も増え始めたが・・・。

 

「相続」という場面では、残されたご家族のお気持ちを慮りながら、サポートをする。でも、ご家族は、しばしばこう思われ後悔しておられた。「自分たちの行ったお別れの仕方が故人の望むものだったのだろうか?」「遺産分けについて、故人の本当の思いは何だったんだろうか?」「もっと、いろいろと話をしておけばよかった」と。

 

そういう経験から、「生前の準備」に最適で、記入することで気持ちを残すことができる「エンディングノート」を相続手続支援センター独自で作成。

 

ご本人のお気持ちを十分に理解し、アドバイスを行い、「エンディングノート」を書いてもらうことで、ご本人とご家族とのお気持ちの橋渡しができる。

 

相続が発生する前であっても、家族関係が希薄になった時代に、明るい影響を及ぼす。この仕事を選んだ私にとって、かけがえのない大きな喜びをまたひとつ感じた瞬間だった。

 

そんなある日、私たちが行っている「相続の一括サポート」が流行し始めているということを知らされた。インターネット普及による同業他社の頻発だ。 それは、私たちが行ってきたことが時代に認知されると共に、形だけの「トータルサポート」を謳う同業者の出現を招いてしまった。単に自らの専門外の手続きを他者がサポートするだけのサービスを「トータルサポート」だと思わせてしまったのだ。そして、形だけの「相続トータルサポート」が横行した。

 

そんな世の中で、より、相続手続支援センターらしさや「ブランディング」を求められるが・・。

 

相続手続支援センターは、当初から変わらない。時代が、どんどん移り変わり、誰もが利便性を追及することになっても、依頼者の心に寄り添い、1歩1歩確実に進めていく、相続手続支援センターの手続の姿勢は変わらない。

 

そうやって、「本当に手続を完了できるのか?」と思われた複雑な手続をたくさん解決してきた。時には、依頼者の手となり足となって、暑い中、寒い中、駆け回った。 思うように進まなくて、涙をこぼしそうになったこともあった。全ての手続きが終わるまでに、膨大な時間が掛かったこともあった。知らない方が幸せだったかもしれない事を、伝えなければならないこともあった。

 

手続きが終わり、「米田さんとのお仕事も終わったし、これからは私一人で生活していくんだねぇ」と呟くおばぁさんに胸を痛めたこともあった。

 

確かにノウハウも大事だ。でも、依頼者と心を通わせるのは、懸命さしかない。その懸命さが伝わり、手続を終えたとき、最高のプレゼントが待っている。

 

「ありがとうございました」

 

この最高の感謝の言葉と安堵の笑顔が、明日への活力となる。

「安心」というゴールまでとことん付き合う。相続手続支援センター

 

相続手続支援センター 西日本本部代表 米田貴虎

 

 

相続手続支援センターのミッション

「相続に関する手続をスムーズに行い、経済的な不利益及び心理的ストレス、そして争う相続を最小限にすることによって、家族のさらなる繁栄をサポートすること」

 

 

 


支部長

「1人でも多くの方から“ありがとう”の手紙を・・・」

そこにこだわりを持つから、相続手続支援センターなのだと思う。

 

今から約25年前。私は某大手メーカーの営業マンだった。

営業先に足を運ぶ日々、幸運なことに、実に多くの人に出会うことができた。

そして、出会いの数だけ「生活」も目の当たりにしてきた。

 

「法律は知っている者の味方だ」

当時の私は、痛切に感じた。

 

私が生活に関する法律に興味を持った原点は、この時代の経験にあると思う。

 

法律を学ぶうちに、人が避けては通れない「相続」というものに強い興味を抱くと同時に、やりがいのある仕事に就きたいと考え、弊センターの入社を決意した。

 

当時はまだ、「相続手続きの一括サポート」といったサービスを行っているところはほとんどなく、弁護士、司法書士、行政書士などの専門家が窓口となり、複数の専門家が別々に携わり手続きを行っていた。

 

相談業務を始めた頃は、残された家族の方の様々なストレスを少しでも解消させてあげたい一心で、どんな質問にも正面から向き合い、耳を傾け、きちんと説明をしてきた。

 

しかし、全ての相談者から100%の信頼を得ることはなかなか困難だった。

「もどかしさ」や「情けなさ」が募る日々が続いた。

 

そんなある日、相談に来られた方から1通の手紙が届いた。

 

『この度は、貴センターにお願いする程の手続きでもなかった為、自分達でなんとか手続きを済ませることが出来ました。相談に伺う前は、正直、貴センターがどんなところなのか不安な気持ちで一杯でしたが、相談員の方の分かりやすく丁寧な説明で、親身になって相談にのっていただき、全ての手続きを1カ所でまとめてやってもらえる所が身近にあることを知り、大変心強く思いました。今後もし身内で相続が発生した場合には、迷わず貴センターに相談に伺おうと決めております。その際にはよろしくお願い致します。本当にありがとうございました』

 

嬉しかった。

 

正面から向き合い、熱意を持って話をすれば、人は必ず答えてくれる。

 

「ありがとう」の言葉で。

 

相談の結果、手続のお手伝いができれば、きっと不安やストレスを解消することができるはずだと信じている。

しかし、相談に乗るだけでも、不安やストレスを解消することができたのだ。

 

経済、文化、環境、人も変わりつつある世の中だが、相談員として「目の前の困っている人を助けたい」という思いだけは変わってはいけないと、私は思う。

 

そのためにも、信頼される人間力を養い続けたい。

 

1人でも多くの方の“ありがとう”の手紙をもらってこそ。 

 

相続手続支援センター兵庫 支部長 山口浩司

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから