HOME > 相続ご相談事例 > 離婚後疎遠だった父

離婚後疎遠だった父

【相続ご相談事例】離婚後疎遠だった父

お父様がお亡くなりになったとご相談にいらっしゃったのは若い男性A様でした。

 

お話を伺うと、子供の頃ご両親が離婚され、A様は、妹B様とともに、母親にひきとられ現在まで生活をされており、ご両親の離婚後、お父様とは疎遠で、どこでどんな生活をしているのかわからない中、病院から連絡があって亡くなったことを知り、お父様の死後A様ご自身で色々と調べながら相続手続きを進めてきたが、借入金の心配などがあり相談にいらっしゃったということでした。

 

必要手続きについては、お父様が現在どんな生活をされているのかわからないところからでしたので、再婚の有無、内縁関係なども調べる必要がありました。遺族年金は内縁関係も認められる場合があるからです。

 

また、一番心配されていた借入金の部分では、日本信用情報機構へ申請すると借入金部分がどのくらいあるのか、故人の借入金の全てではないが確認することができることをお伝えしました。

 

早速手続きをはじめると、お父様の借入金部分は特段心配するほどの金額はなく、退職金や現預金、生命保険、不動産(マンション)と、プラスの財産があったので、A様とB様で遺産分割協議をし、手続きは完了しました。

 

この場合、A様とB様のお母様(つまり亡くなった方の元妻)は相続人となりませんので、財産を相続することはありません。

 

ですがA様は、『離婚後、女手ひとつで私たちを育ててくれ、養育費なども一切支払われなかったようなので、お金は大変だったと思う。だから父が残した財産を母にも分けて、人生を楽しんでほしい。』とおっしゃっていました。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから