HOME > 相続ご相談事例 > 相続人が自分以外にもう1人

相続人が自分以外にもう1人

【相続ご相談事例】相続人が自分以外にもう1人

お父様の相続で相談に来られたAさんご夫婦。Aさんが2歳の頃に両親が離婚しており父子家庭で育ち、相続人はAさんお1人。

 

以前、叔母(父の姉)から両親が結婚する際、母にAさんより7歳上の連れ子がいたことは聞いていたのですが、今回は父の相続なので関係ないと思っておられました。

 

戸籍を確認したところ、その連れ子は婚姻前に父が認知しているBさんだったことが分かりました。認知しているので、当然Bさんも相続人になります。

 

調査の結果、現在Bさんは県外で暮らしていることが分かりました。Aさんから手紙を送り父の相続のことを連絡しました。数日後、Bさんから連絡がありました。

 

Aさん側とすれば病気がちな父の面倒をずっと1人で看てきたのだからBさんには財産の4分の1くらいでいいだろうという考えでした。

 

一方、Bさん側は疎遠になっていたとはいえ、自分にも相続分があるのだから法定相続分は欲しいという主張で、協議がなかなかまとまらず、かなりもめたようですが双方が歩み寄る結果で終結しました。

 

父が生前、「すべての財産をAさんに相続させるという遺言書を作成していたら、もめることなく手続きが出来たのに」とAさんは何度もおっしゃっていました。

 

残される遺族のためにも、遺言書作成をお勧めします。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから