HOME > コラム > 「農地バンク」利用促す

「農地バンク」利用促す

「農地バンク」利用促す

農水省は、農地バンクの初年度となった2014年度の利用実績が約3万1千ヘクタールで、年間目標の約2割にとどまったことを発表した。そのため、今回は、農地バンクの実績を県別に公表し、順位をつけ、実績を上げた都道府県に、一部の農業予算など配慮する仕組みを検討する。

また、農地の貸し手の動きを活発化させるため、農地の固定資産税について、耕作放棄地の負担を重くすることも検討する。

(2015年5月19日 日経新聞より)

 

農地バンクとは、都道府県ごとに設置しているもので、耕作放棄地などの所有者からのうちを借り入れて集約し、農業法人などの担い手に貸し出す仕組みである。今後は、農地バンクの仕組みそのものに対して、農地を提供する側、借り入れる側の理解と信頼を強化し、さらには、地域の農業活性化を計画していく人材の確保に努めることが大切だと思います。

(作成者 田中)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから