HOME > コラム > 倒壊危機の空き家解体

倒壊危機の空き家解体

倒壊危機の空き家解体

京都市は30日、倒壊の恐れがある空き家(京都市上京区)の行政代執行での解体・撤去に着手した。建築基準法に基づく行政代執行での空き家撤去は京都府内で初めて。同市は2014年4月に地域に悪影響を及ぼす管理が行き届かない空き家について、所有者への指導や命令などを盛り込んだ「京都市空き家の活用、適正管理等に関する条例」を施行している。

(2015年5月1日 日経新聞より)

 

核家族化が進み、子供が離れて別世帯で暮らしている家庭が増えている。年月がたち、親が亡くなり、相続が発生すると、子供たちは既に住む家を所有しており(マンションに入居する人が増えてきている)、親が暮らしていた家を必要としていないケースが多い。

また、子供が離れて暮らしている(親が地方、子供が都市部など)場合が多く、管理も行き届かなくなり、実質放置状態になり、いわゆる「空き家問題」に発展する。速やかに、売却などの手続きをすること、また生前に解体費用や管理費用などの準備をしておくことも今後、重要になってくると思われる。

(作成者 山口)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから