HOME > コラム > 親から借りたのに贈与税?

親から借りたのに贈与税?

親から借りたのに贈与税?

住宅を購入するときに親や祖父母からおカネを借りることがあります。その場合に注意したいのが税金の扱いです。税務署は親族間のおカネの貸し借りには神経質です。本人は借りたつもりでも、きちんと返済していないこともあり、「実質的に贈与と変わらないケースが目立つ」と税理士の阿保秋声さんは指摘します。

親から借りたと答えても返済の証拠がなければ後日、贈与とみなされ、課税される可能性があります。契約書を作っても返済実績がないと贈与とされてしまいますし、現金で返済すると証拠が残りません。阿保税理士は「銀行口座で振り込むことが必要」と言います。

(2015年2月18日 日経新聞より)

 

贈与税は誰にでも掛かる可能性のある税金であり、また貰った人が支払わないといけないので、出来るだけ税金が掛からないように贈与したいと思うのは当然のことである。

例えば、年間110万円までの非課税枠の範囲で贈与したり、相続時精算課税制度を利用し贈与するなど、うまく贈与しないと思わぬ結果となってしまうことがありますので、注意が必要です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから