HOME > コラム > 海外資産 最多に

海外資産 最多に

海外資産 最多に

2014年6月までの1年間に実施した相続税に関する税務調査で、海外関連の申告漏れが前年より9.7%多い124件で、統計を始めた01事務年度以降、最多となったことが国税庁のまとめで分かった。海外関連の調査件数は753件、申告漏れ総額は163億円で、いずれも最多だった。一方で、全体の申告漏れは前年比1.5%減の9809件、申告漏れ総額は前年比7.8%減の3087億円で、ともに過去10年で最少だった。

国税庁はこの背景として「納税者の資産運用が国際化している」と指摘している。遺産のうち申告から海外資産を除外した約1億5千万円の財産隠しが租税条約に基づく情報交換で発覚し、約6600万円を追徴課税された調査事例があった。遺族が海外資産の存在を知りながら申告から除外したとして、追徴課税されるケースも散見されている。

(平成261119 日経新聞より)

 

 

国際化に伴い、海外に投資をしている資産家だけでなく、自分の資産を資産税の税率の低い国や課税されない国に移している人も多いと考えられる。しかし、国税庁は租税協定を締結している国の税務当局と連携し、できる限り海外資産を把握するよう努めている。 

海外資産がある納税者は注意が必要である。また、その納税者が海外資産のことを家族に伝えていないと家族はその海外資産を把握できない。納税者が亡くなり、申告が漏れた場合には、家族に迷惑がかかることになるので、万一の時に備え対策をしておくことが賢明である。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから