HOME > コラム > 高齢者マネー、孫へ

高齢者マネー、孫へ

高齢者マネー、孫へ

祖父母から孫への教育資金の贈与が1500万円まで非課税になる制度が始まって、1年がたった。

大手信託銀行4行の合計で贈与額は4300億円、契約数は6万5千件に達する。当初の見込みを大幅に上回った形である。贈与額4300億円のうち、既に150億円が引き出されており、一定の消費押し上げ効果があると言えそうだ。
しかし、利用者は注意が必要である。非課税措置を受けるには教育費に使途が限定されている必要があり、お金を引き出すには、教育費としての支出であることを証明する領収書を提出しなければならない。使途はもちろんのこと、日付や支払先の名称、所在地などが明記されている必要がある。
このような条件はあるものの、利用者が増えれば、ますます個人消費へ追い風となるだろう。
(平成26年4月7日 日経新聞より)

 

日本の1600兆円の個人資産のうち、6割が60歳以上の高齢者に集中しています。このような資産が子育て世代へ移転すれば、消費が増えてくるでしょう。

信託協会では、この教育資金の非課税制度の恒久化を国に要請する方針であり、出産や育児への非課税対象の拡大も要望できないか検討したいとしています。

少子化問題で若年層の問題が懸念される中、国・利用者共にメリットのある制度の施行が待ち遠しい限りです。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから