HOME > コラム > 認知症患者への損害賠償

認知症患者への損害賠償

認知症患者への損害賠償

2007年、愛知県で自宅を出て徘徊中に電車ではねられて死亡した認知症患者の男性の家族にJR東海が損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋高裁は妻に360万円の支払いを命じた。
認知症患者の事故を巡って、同居家族の監督責任を重くとらえる判断を示した。認知症患者の在宅介護の増加が見込まれる中、家族を支える仕組み作りが求められている。

ただ、家族だけで在宅の患者を担い、徘徊によるトラブルを完全に防ぐのは難しいのが現実である。淑徳大の結城教授は「国や自治体、鉄道事業者などは患者が事故に巻き込まれることがないよう『優しい街づくり』に取り組むべきだ」と話している。
(平成26年4月25日 日経新聞より)


この訴訟の場合は、一審では認知症患者の男性の妻と長男に約720万円の賠償を命じたが、

二審では妻のみに360万円に変更となっています。
認知症患者の急増が見込まれる中、家族の責任を認めた司法判断は介護現場に影響を与えそうです。

また、家庭でも認知症患者を介護している場合には、トラブルに巻き込まれないように対策をしておくことが大切です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから