HOME > コラム > 父親の認知無効請求 可能

父親の認知無効請求 可能

父親の認知無効請求 可能

子を認知した父親が、自ら認知無効の請求をできるかどうかが争われた訴訟の判決があった。
民法は「認知をした父はその認知を取り消すことができない」とする一方、「子や利害関係人は、認知無効の主張ができる」と規定している。2つの文をどう解釈するかが争点であった。
血縁関係のない認知は無効請求ができるとの学説が有力であったが、これまで最高裁の判断は示されていなかった。今回最高裁は、「無効の主張が一切許されたわけではない」と述べ、父親も認知無効を請求することは可能との初判断を示した。
(平成25年 日経新聞より)


原告の男性は「利害関係人」にあたり、娘との血縁関係のない今回のケースでは、男性の無効請求が認められると判断した。無効の主張が一切許されたわけではないが、血縁関係のない認知は無効請求が可能という新たな見解ができるようになった。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから