HOME > コラム > 贈与税の疑問 その5

贈与税の疑問 その5

子の結婚式及び披露宴の費用を親が負担した場合、贈与税の課税対象となりますか?

結婚式・披露宴の費用を誰が負担するかは、その結婚式・披露宴の内容、招待客との関係、人数や地域の風習などによって様々であると考えられます。それらの事情に応じて、本来費用を負担するべき者それぞれが、その費用を分担している場合には、そもそも贈与には当たりません。したがって、贈与税の課税対象となりません。

また、個人から受ける結婚祝等の金品は、社交上の必要なものであげた者ともらった者の関係等に照らして、社会通念上相当と認められるものについては、贈与税の課税対象となりません。

(平成25年 国税庁文書 及び 日経新聞より)

 

結婚式・披露宴の費用は、子である新郎新婦やその親が負担します。親が払うと子への贈与になるのではと疑問を抱く方もいるかもしれませんが、親が支払っても子が支払っても贈与には当たりません。
結婚祝など個人からの金銭の受取に関して、「社会通念上認められるもの」は贈与税の課税対象となりませんと記載されていますが、分かりやすく言うと一般的なご祝儀は、贈与税の課税対象となりませんということです。
ただ常識の範囲を超えた結婚祝いは、「社会通念上認められるもの」に該当しないと判断されてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから