HOME > コラム > 休眠預金、迫る社会利用

休眠預金、迫る社会利用

10年以上放置の預金者注意

国は2019年1月から、休眠預金(10年以上放置された預金)を社会事業に活用する。国が新法を施行し管理主体を銀行から国に変更したためだ。潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る見通し。本人が気付かなければ権利は国に移り、申し出なければ手元に戻らない。

各金融機関が登録住所に郵送などで通知し、受け取ったことを確認できれば、休眠預金にはならない。また、財形貯蓄や外資預金は対象外となる。

国が「没収」するわけではないので、銀行の窓口に通帳や口座番号など過去の取引を確認できる書類を用意し、通帳や印鑑、免許証など本人確認書類を持参すれば引き出すことが可能だ。

注意すべき点は、本人が申し出ることと、金融機関ごとに「通知」の定義が異なる点だ。

金融機関が国の預金保険機構に資金を移すのは19年の秋。国はこれまでに資金を配分する団体を指定し、NPOなどを探す計画だ。

(平成30年10月12日 日本経済新聞より抜粋)

 

お休み中の預金が6000億円!って、すごい金額ですね。

このお金を、有効に使えたら社会的にも意義があるのではないでしょうか!?

数年前に、内閣府からの要請があって、相続手続支援センターでも全国の支部に協力してもらい、相続が原因で発生する休眠預金を調査したことを思い出しました。

相続でも、数百円や数千円が残ったままの通帳をよく見かけます。

手続をするとなると、交通費や印鑑証明書代で赤字になることも・・・

そうなると、「もう放っておきます」と言われる遺族の方もかなりの割合でおられます。

費用が掛かることですから、我々も無理に薦めるわけにもいかないし、悩ましい問題でした。

きちんと資金を使ってくれる団体を国が選別して、お金を有効に使ってもらいたいですね。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから