HOME > コラム > 相続株 長期保有促す

相続株 長期保有促す

売却の税優遇期限 撤廃

金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。

現状では、相続により子が親の上場株式を受け継ぐ場合、相続から3年以内であれば売却益からこの相続税分を差し引くことができる。そのため、所得税との「二重課税」の税負担を和らげたい相続人に株式売却を助長し、市場の株価形成にゆがみをもたらしているという指摘があった。

金融庁は、売却による税優遇の期限をなくして、世代を超えた資産形成を後押しする。

(平成30年8月28日 日本経済新聞より抜粋)

 

相続で株を引継ぐ人は、かなりおられます。

亡くなったお父様が株の取引をされていても、相続した子供は全く株には素人ということも珍しくありません。

そのような方は、すぐに売却して現金化されるか、しばらく名義だけ変更してそのまま塩づけにしておくかに分かれます。

塩づけになった株は、何年も手を付けられずに放置されたまま。

今回、株の取引を活性化するためにということで、税の優遇期限が撤廃されようとしています。

お金が回らないと経済が回りません。相続で引き継いだ資金を、上手に活用して欲しいものです。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから