HOME > コラム > 所有者不明地 公園や施設に

所有者不明地 公園や施設に

公益利用認める特措法成立

所有者が分からない土地の利用を促す特別措置法の第1弾が成立した。都道府県知事の判断で最長10年間の「利用権」を設定し、公園や仮設道路、文化施設など公益目的で利用できるようになる。また、公共事業の妨げとなっている土地の収用手続きも簡素化する対策も盛り込まれ、来年6月までに施行される

第2弾として、2020年までに法改正を進める方針だ。

@地籍整備を加速 A登記官の調査権限を強化 B登記簿と戸籍の情報を連携することで、まずは所有者を把握し、実態の確認に乗り出す。

また、C相続登記を義務化D所有権の放棄を認める制度を検討することで、新たに所有者不明の土地が発生しないようにする。

(平成30年6月7日 日本経済新聞より抜粋)

 

相続登記の義務化は、早々に行ってほしいです。

「10年以上登記されていない土地は、国家没収!」ぐらいにすると、みんな登記をすると思います。裁判などで特別な理由がある場合は、その旨を法務局に届け出ることを条件とするなどとすればいいでしょう。

逆にいらない土地は、登記をしないままか、寄付申請を行えば国がきちんと受け取って有効活用するという制度が出来上がる日が、待ち遠しいです。

ただでさえ、国土のほとんどが山林で、宅地として活用できる土地が少ない日本ですから。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから