HOME > コラム > 婚外子差別 違憲

婚外子差別 違憲

婚外子差別 違憲

115年続いた婚外子(非嫡出子)の相続差別がようやく解消された。

最高裁は4日、国民の家族観が多様化している現状を重視し、

格差を定めた民法の規定を違憲と判断した。


95年に大法廷が合憲と判断して以降、最高裁は小法廷でも合憲の判例を積み重ねてきた。

ただ毎回反対意見が付き、4日の決定は「(最近は)合憲の結論をかろうじて維持していた」

「相続制度の合理性は時代とともに変遷する」と指摘。

 

社会の変化が歴史的な判例変更を後押ししたとの見方を示した。
(平成25年9月5日 日経新聞より)

 


欧米では事実婚の増加などで差別撤廃が進み、韓国や社会主義の中国にも区別はなく、

主要先進国で規定が残るのは日本だけである。

 

また、日本国内においても、家族制度を巡っては近年、

夫婦別姓制度や同性婚の是非などが議論され賛否両論である。

 

そういう意味では、この最高裁の判断は他の制度に影響を及ぼすものとなるに違いないだろう。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから