HOME > コラム > あなたも家を売る日

あなたも家を売る日

あなたも家を売る日

駐車場を経営するAさん(53)は今、相続対策の見直しに余念がない。

 

これまで、親の自宅敷地にかかる税の軽減のため、母親宅を隣接地に増築する形でリフォームし、

同居を始め、自分の持家を貸す準備も進め、一方では、自分の長男に続き、次男も母親の養子にした。

 

しかし、今回の相続税の基礎控除の6割縮小により、都市部に家を持つ普通の家庭でも準備が必要となる。

相続で移転する金額は年間約50兆円。相続が人ごとではない時代がやってきた。 
(平成25年 日経新聞より)

 

現在、相続税の対象となるのは、全国平均で相続件数の4%強。

「富の再分配機能が失われた」との指摘により、相続税増税の根拠となったとのことだが、

納税のため、普通の人が家を売らざると得なくなるといった状況は何としても避けなければならない。

基礎控除は、縮小されるが、「小規模宅地の特例」

(親が住んでいた宅地の評価額を、相続時に最大8割減らせる特例で、親と同居していることが条件)は、

今回の改正で対象面積の上限が240平方メートルから330平方メートルに拡大される。

 

不動産をお持ちの方は、一度、ご自身の財産を確認して、実際に相続税を試算し、現状を分析してみることが大切です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから