HOME > コラム > 親の財産管理 任意代理で

親の財産管理 任意代理で

預金引き出しや証券移管

任意代理の方法は、確かに便利です。

しかし、金融機関の窓口では、まだこの方法を知らない行員さんもいて、トラブルになることも多いです。

「本人を連れて来てもらわなければ出来ません」の一点張りで、家族の人に大声で怒鳴られている行員さんを見かけたのも、一度や二度ではありません。

任意代理→任意後見→死後事務委任→遺言の4点セットで、公正証書を作る方も増えてきています。

特に、おひとり様や、近くに身内がおられないにん方は必要です。

金融機関では、詐欺被害を防ぐために、出金時にはかなりハードルを高くしています。

事前にできることをきちんと準備して、安心して生活が送れるようにしたいものです。

(米田貴虎)

 

親が高齢になり自ら金融機関に出向くのが難しい場合に、家族が代わりに金融取引をするためには、「任意代理」の仕組みを使うと便利だ。

手続きの流れは、

 @口座のある銀行・証券会社の店舗で所定の届け出書類などをもらう

 A本人・代理人が住所・氏名を自署、届け出印を押印

 B銀行・証券会社の担当者が本人・代理人の意思と代理内容を面談により確認

 C代理人による取引が可能になる。

任意代理ができるのは、あくまで親に判断能力がある場合だ。

判断能力がほぼない場合は、家庭裁判所が成年後見人を選び、後見人が財産管理を行う。子どもが選ばれる可能性もあるが、弁護士・司法書士などの専門家が選ばれることが多い。引き続き子供に代理人を務めてほしいなら、判断能力があるうちに任意後見契約を結んでおく必要がある。

(平成29年10月7日 日本経済新聞より抜粋)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから