HOME > コラム > 不動産の所有者情報 無料公開検討

不動産の所有者情報 無料公開検討

企業や自治体の土地活用・再開発を促す

政府の規制改革推進会議がまとめた、不動産登記に関する論点案が明らかになった。

主な検討項目は、

@不動産所有情報の無料公開

A登記手数料の低廉化・無料化

B相続登記の促進へ手続き簡略化

C登記情報をマイナンバーと連携。

権利関係がわからない耕作放棄地や空き家の所有者を簡単に確認できるようにし、企業や自治体が土地の活用法や開発計画を練りやすくするのが狙いだ。

(平成29年4月5日 日本経済新聞より抜粋) 

 

これまで登記簿謄本(不動産登記情報)は、インターネットで取得すると335円でした。

昔は1000円かかっていたのですが、ずいぶん安くなったと感じておりました。

しかし、ついにその情報が無料で交付されることになりそうです。

登記情報の登録も、無料に近づけるということは、登録免許税が安くもしくは無料になるということでしょうか。

最近、政府は空家や放棄された耕作地の対策として、様々な手を打ってきています。

一般市民にとっては手数料が安くなることは、とてもメリットがありますが、専門家にとってはますます仕事が無くなっていく気がします。

マイナンバーは最近騒がれませんが、着実に様々な情報を一元化していっています。

ただほど怖いものはないと言われますが、だんだん一人の情報が一カ所に管理されていく

流れは止められません。

マイナンバーでの預金残高の把握もあと3年以内と言われています。

マイナンバーのおかげで、様々なものが無料になったでしょ!と言い訳の文句となりそうな気がします。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから